介護アプリのあれこれ

看護師

アプリとシステムの導入で安価に効率化

介護を容易にするシステムとして介護アプリが広まってきています。介護士やケアマネージャーなどのシフト管理からサービス利用者の情報やケアプランの管理が可能なアプリが広まってきており、数百円で利用が可能になってきています。簡素なものであれば無料で提供されている場合もあり、こういった安価なシステムを利用することで費用負担を小さくしながらも介護施設の運営を効率化することが可能です。 一方で、介護報酬請求書の作成と伝送を担うシステムが必要とされてきています。介護ソフトを準備するとアプリで行える内容もカバーできますが概して高価な傾向があります。ところが、近年では伝送のみの契約も可能となってきており、月々千円程度から利用できるようになっています。これとアプリを利用すると非常に安価に介護システムを作り出すことができるのです。

アプリ価格は横ばいでも伝送費用は低下傾向

介護アプリは多数開発されてきていることもあって機能性は向上する傾向が強まっています。しかし、その費用については無料化がすでに進行していることからほぼ横ばいの状態が続いていると言えるでしょう。 一方、伝送ソフトについては徐々に低価格化が進行してきています。伝送のみに限ったサービスとなるとどの企業でもそれほどサービス内容に違いが生じません。そのため、顧客獲得競争は価格と導入の容易さに焦点が絞られることになります。そういった影響もあって価格競争が展開されてきており、月々千円程度まで低下するほどになりました。そのシステムの簡便さから利用者が増加すればまだ価格低下の余地はあり、それがさらに価格の低下に拍車をかけるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加